FANDOM


自動爆撃ヘリ(じどうばくげきへり)とは、士郎正宗原作の漫画攻殻機動隊』及びアニメ版の『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズに登場する架空の軍用ヘリコプター

テンプレート:ネタバレ

ジガバチ 編集

海上・陸上自衛軍の対戦車戦闘ヘリ。大火力と高機動力で対地対空、水中以外の全環境に高い攻撃性能を有する。『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』で「ジガバチ」と呼ばれる理由は、外見が蜂のように見える為である。 腹部尾端に当たる部分にはガトリングガンを装備しており、自機の後方を含めあらゆる方向への射撃が可能である。兵装は対戦車ミサイル、ロケット、30mmガトリング砲。

絶大な攻撃性能を持つが燃費が悪く、『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』では、五機で旋回しているジガバチに空中給油ヘリ“ハナムグリ”の搭載燃料を次々補給しても「普通乗用車を無給で6年間走らせる分の燃料を積んでも10時間程しか飛行できない」と語られている(ただし作中の乗用車を比較としているため、他の兵器と比べて燃費が悪すぎなのかは不明)。 搭乗者が死亡するか意識不明に陥ると自動的に所属基地(空母)へと帰還するシステムが備わっている。

ジガバチAV(ジガバチ・アドヴァンス) 編集

ジガバチの改良・発展型として陸上自衛軍に配備されている。ジカバチとの主な相違点は、人工知能 (AI) を搭載し、無人でも操縦・戦闘を可能としたことである。ただし、AIは、タチコマとは違い、人間が搭乗することを前提とした支援型AIである。ジガバチには認識コードが与えられており、自機と同じ認識コードを持つ機体・人や、自衛軍関係者、自身に攻撃を仕掛けるものに攻撃をする。このため、他の友軍機、友軍艦にも空対空ミサイル、空対艦ミサイルなどで攻撃を仕掛け、数々の「戦果」を挙げている。なお、喋ることはないが『2nd GIG』でタチコマが「根暗なAI」と称した。初期の塗装案には実際に陸上自衛隊のヘリにも使用されている迷彩パターンを使用する案もあった。

劇中、対戦車攻撃に長けているこの攻撃ヘリ「ジガバチ」を、タチコマは「僕らの天敵」と呼んだ。

オニヤンマ 編集

『S.A.C.』に当初、狙撃制御システムを搭載した試作ヘリとして製作された大型ヘリコプター、公安9課でもサイトーが運用試験に参加した経緯がある。後に海上自衛軍に武装ヘリ(強襲輸送ヘリ)として制式採用され、90mmガトリング砲とミサイルポッドを追加装備している。303式強化外骨格(アームスーツ)4機搭載可能。作中では海自の特殊部隊「海坊主」が使用し、PS2のゲーム版にも登場している。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。