FANDOM


GitS-Appleseed Imperial America 2030

米帝(べいてい)は、士郎正宗の漫画『アップルシード』及び士郎正宗原作のアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』に登場する架空の国家。3つに分裂したアメリカの1つで右翼的な軍事国家である。

第四次世界大戦後、アメリカ合衆国は内戦によりアメリカ合衆国(右図紺色)、米帝(右図赤色)、米ソ連合(右図水色、アメリカ東海岸と西海岸を支配するリベラルなアメリカ合衆国とソビエト連邦の連合国家、『S.A.C』では米ロ連合)に分裂している。米帝と米ソ連合は対立関係にある。

日米安全保障条約の継承、国連での活動などからみて、3つに分裂したアメリカの中で唯一正当な政府として国際社会に認識されているらしい。作品の中では、『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』第16話で国章に Imperial Americana と表記されている。アップルシードデータブックでは、「アメリカ帝国」と略称の「米帝」で項目が設けられている。

米帝は現在のアメリカ合衆国南部地域を国土とし、軍需産業や保守派によって構成されている。現在のアメリカよりも露骨に軍事力を誇示し、覇権主義の傾向を示す。軍は、EC議長ヘンリー・クリスト将軍を支持する軍人が中心となっている。核兵器を保有する。

アメリカ中央情報局 (CIA) やアメリカ国家偵察局 (NRO) は米帝でも健在。『アップルシード』には「水軍」も登場する。しかし、軍需産業に頼ってきたためか経済は破綻状態。

現実世界でアメリカ合衆国を指して使う「米帝」とは意味合いが異なる。

No image この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。