FANDOM


神山 健治 (かみやま けんじ、1966年3月20日 - )は、日本アニメーション監督演出家埼玉県秩父市出身。スタジオ風雅を経て、現在フリー。Production I.Gを拠点に活動している。既婚である。

来歴・人物 編集

埼玉県立秩父農工高校食品科学科卒業。シェフの道を志すも(実は建前で実際は高校を選ぶ際に地元の高校の文化祭を渡り歩きアニメの自主制作の部活動のある高校を選んでいて学業より部活動に熱心だったと回想している。)高校時代から続けていたアニメーション自主制作を続け、1985年にスタジオ風雅に入社。当初は背景及び美術監督として活動していた。

沖浦啓之の誘いで『人狼 JIN-ROH』の演出を務める。『人狼 JIN-ROH』の制作と平行して、押井守主宰の押井塾に参加し、『ミニパト』で初監督を務めた。TVアニメでは『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』が初監督作品となり、同作とそのシリーズ作品はいずれも高い評価を得た。

2004年、第9回アニメーション神戸個人賞を受賞。

押井塾時代の神山を押井守は「級長のような存在」と評している。また、「こんなに売れるとは思わなかった。もっと早い時期につぶしておけばよかった。」と冗談交じりに語っている。 対して、神山は押井に憧れを持ち、「押井さんの影武者になれればいいと思っていた」と語っている。

スタッフと徹底討論して脚本製作するのが信条。本物志向の影響を受けた人物としてスティーヴン・キング田中角栄をあげている。自身が影響を受けた小説家はJ・D・サリンジャーをあげている。

作品リスト 編集

出演 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集


No image この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は神山健治にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。