FANDOM


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』(こうかくきどうたい スタンドアローンコンプレックス ソリッドステートソサイエティ)は、SF・TVアニメ。前作の『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』から2年後の西暦2034年が舞台。草薙素子の失踪から2年後、トグサが組織を率い、メンバーも大幅に増員された新生公安9課による超ウィザード級ハッカー『傀儡廻(くぐつまわし)』の追跡を描く約105分の長編作品。制作費は3億6000万円にも及ぶ大作となっている[1]。制作当初は劇場公開用だったが、諸般の事情により2006年はPPVやOVAでの発表となった。

攻殻機動隊
STAND ALONE COMPLEX
Solid State Society
ジャンル SFアニメ
アニメ
原作 士郎正宗
監督 神山健治
脚本 神山健治菅正太郎櫻井圭記
キャラクターデザイン 後藤隆幸西尾鉄也
メカニックデザイン 寺岡賢司常木志伸
音楽 菅野よう子
アニメーション制作 Production I.G
製作 Production I.G
バンダイビジュアル
バンダイ エンタテインメント
電通、日本テレビ、徳間書店
ビクターエンタテインメント
マンガ エンタテインメント
放送局 パーフェクト・チョイス
放送期間 2006年9月1日 - 2006年9月1日
コピーライト表記 ©士郎正宗・Production I.G
講談社・攻殻機動隊製作委員会
テンプレート使用方法 ノート

2011年、3D劇場版として全国公開された『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』についても記載する。(詳細は#3D劇場版を参照)長いタイトルのため広告媒体では『攻殻機動隊 S.A.C. SSS 3D』など略して用いられる場合もある。

ストーリー 編集

個別の11人事件」後、草薙素子が公安9課を去って2年経った2034年。草薙が失踪したことにより組織の変革を余儀なくされた9課は、課員を大幅に増やし、捜査活動やその方針にも変化が見られる。

そんな中、シアク共和国残党の特殊工作員によるテロ計画が判明。リーダーとなったトグサ率いる9課は捜査を開始。ところが当の工作員達が次々と謎の自殺を遂げる。新浜国際空港では、9課の目の前で1人の工作員が「傀儡廻が来る!」と謎の言葉を残して自殺する。

一方、単独でテロ事件の捜査を行っていたバトーは草薙と再会する。草薙はバトーに「Solid State には近づくな」と謎の警告をする。捜査が進むにつれ、バトーは草薙が「傀儡廻(くぐつまわし)」ではないかと疑い出す。

概要 編集

公開方法・媒体 編集

  • 2006年9月1日 パーフェクト・チョイス160(PPV)で放送。
  • 2006年10月23日 東京国際映画祭(TIFF)animecs TIFF2006の六本木会場で上映。
  • 2006年11月24日 DVD発売。
  • 2008年7月25日 Blu-ray Disc発売。
    (“ S.A.C. ”他シリーズ総集編とのセットボックス“ 攻殻機動隊 S.A.C. TRILOGY BOX ”に同梱)
  • 2011年3月26日 3D映画版『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』公開。新宿バルト9他全国にて上映。

社会情勢と物語の背景 編集

物語は『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』の「個別の11人事件」が解決した後、草薙素子が失踪してから2年後の事件を描いている。現実の日本社会と同じように、作中でも少子高齢化が進んでおり、家族を持たないで老年を迎える人口の増加によって、介護の問題が大きくなっている。その解決のために在宅で医療ネットにアクセスし、全自動介護システムによる介護を国が誰にでも最低限保証し、貧困層・富裕層を問わず機械による介護が一般的になっている。だが、このシステムは老人の寝たきりを助長する結果となり、「体のいい遺産回収システム」と揶揄されている。寝たきりで干乾びるように死んでいく老人を、ワインに使う貴腐葡萄に準えて、「貴腐老人」と呼んでいる。

漫画・映画との相違 編集

攻殻機動隊のテレビシリーズ、映画版の両方は漫画版のストーリーを軸にしているものが多く、今回も士郎正宗原作の漫画版の様々なエピソードからストーリーができあがっている。結末部分での傀儡廻と草薙のやり取りは、漫画版や映画版での人形遣いとの会話と対になっており、漫画版や映画版とは違う「草薙の決断」の別の形を提供している。

また、『S.A.C.』は「人形使いがいないパラレルワールド」として出発したが、本作では逆に「『S.A.C.』世界における人形使い」として傀儡廻が生み出されるという対比も見られる。

登場人物 編集

攻殻機動隊 S.A.C.シリーズの登場人物」を参照

用語 編集

傀儡廻 (くぐつまわし)
正体不明の超ウィザードハッカー。名前や能力、作中での役割や描写はコミック版・映画での「人形遣い」を思わせる。
シアク共和国
架空の国。革命で国を追われた軍事政権の指導者カ・ルマ将軍が日本に亡命している点や傀儡廻とのつながりなど、コミック版・映画に登場の「ガベル共和国」を髣髴とさせる。
条約審議部
外務省条約審議部(通称・公安6課)。部長は中村。傀儡廻にカ・ルマ将軍の暗殺を依頼する。映画版第1作やコミック版にも登場する。
聖庶民救済センター
孤児難民を保護し教育や職業訓練を施す授産施設。漫画版では収容者たちに強制労働洗脳を施していたが、本作ではこれとは異なる裏の顔が出てくる。
Solid State
大阪の病院で草薙が「近づくな」とバトーに警告した謎の言葉。その正体は、コシキタテアキが構築した、ソリッド・ステート・システムという、虐待を受けている子供達を電脳化した上で合法的に聖庶民救済センターに送り込むためのインフラであった。
本来の意味は、ダイオードIC等の固体の半導体素子。ソリッドステートを参照。
そのためバトーは草薙の言葉に、「Solid State = 素子(そし)= 素子(もとこ)」と捉え、草薙が傀儡廻の正体ではないかと疑うようになる。

スタッフ 編集

主題歌 編集

オープニングテーマ
「player」
詞:Origa/曲:菅野よう子/唄:Origa with Heartsdales
エンディングテーマ
「date of rebirth」
詞:Origa/曲:菅野よう子/唄:Origa

サウンドトラック 編集

攻殻機動隊 S.A.C.シリーズのサウンドトラック#攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society O.S.T.」を参照

3D劇場版 編集

攻殻機動隊 S.A.C.
SOLID STATE SOCIETY 3D
監督 神山健治
脚本 神山健治菅正太郎
製作 Production I.G
出演者 田中敦子
阪脩
大塚明夫
山寺宏一
仲野裕
大川透
小野塚貴志
山口太郎
玉川紗己子
榊原良子
音楽 菅野よう子
配給 Production I.G/ティ・ジョイ
公開 Flag of Japan 2011年3月26日
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語
allcinema
キネマ旬報
  

3D立体視アニメーション化された劇場版は『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』と改題されたProduction I.G初の自主配給作品である[2]。タイトルロゴも攻殻機動隊 S.A.C.TVシリーズを踏襲するデザインに変更されており、オープニングは完全新作である。

観客が電脳化感覚を味わうことを目的に制作されており、電脳インターフェイス描画など飛び出す部分はOVA版(2006年)では見切れているため作り直されている。また、背景美術など当時の技術では実現できなかった色を出すためフルグレーディング処理が全カットに施されている。

東北地方太平洋沖地震の影響が残る中、メイン館新宿バルト9では公開初回から満席が続き、ミッドナイトショーを除き全回満席という高いシアターアベレージを得ており、2011年3月26日初日動員約2,500人、初日2日間の累計動員は4,580人、興収9,126000円となり、全国9館の初日2日間の累計は動員11,768人、興収23.352.000円を記録した[3]

また、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では満足度89.5で第1位と高い評価を得ており、20~30代を中心に3D作品やアニメの既存概念を打破する未知の3D映像という感想が多く、2008年に公開された『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0』の満足度83.8点を抜いている [4]

同規模で公開された押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0』の最終興収を10日間で突破。20日間で興行収入1億円を突破したため2011年5月7日からスクリーン数を3倍に拡大して公開することが発表された[5]

イベント・企画 編集

  • 世界初となる一部3D本編映像のネット配信をYouTubeにて行い、視聴用の立体視3Dメガネは月刊ヤングマガジン(2011年2月9日発売号と3月9日発売号)に同梱された[6][7]
  • 国内最大級の映画館である新宿バルト9全体、館内のカフェに至るまで『攻殻機動隊』仕様とされ、全デジタル対応スクリーンを使った完成披露オールナイト試写会が行われた。参加者は映画専門のクーポン購入サイトで募られたが7000人応募の最多記録となっている[8]
  • 警察庁が「サイバー犯罪撲滅キャンペーン」ポスターに本作ポスターを採用。ポスターデザインそのままにコピーが「ネットは広大だわ、しかし逃げることは出来ない」に差し替えられ全国の警察関連施設など1万箇所に貼られることになった[9]
  • 2011年6月11日深夜、観客動員10万人と興行収入2億円突破を記念して、神山健治監督と石井朋彦プロデューサーによる劇場生オーディオコメンタリー上映が行われ、会場の様子と本編2D版を無料配信、Ustreamでは全世界約21万チャンネルで首位、ニコニコ生放送の視聴者数は13万人を突破している[11]。また、東日本大震災によって公開が延期になっていた仙台市での上映が、2011年6年18日より開始されることが発表された[12]
  • 2011年6年20日、MOVIX仙台営業再開記念イベントとして神山健治監督の舞台挨拶付き上映会が行われた。

同時上映作品 編集

Xi AVANT(クロッシイ・アバン)』
NTTドコモの次世代通信サービス「Xi」が普及した近未来を描く3分30秒の短編3Dアニメーション作品。『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』および『東のエデン』のスタッフにより制作されたが、東日本大震災の影響により2011年4月9日から公開となった[13]
タチコマな日々』(一部劇場のみ)
本作DVD・Blu-ray発売にともない完全受注生産で発売される『タチコマな日々大全集 ぜんぶいり!』(新作3話を追加した全73話)用に制作中であった新作から、大ヒットを記念してシリーズ最長4分となる1話のみ本編と同じ3D立体視にて2011年4月23日より先行公開された[14]

劇場版スタッフ 編集

OVAとの相違点 編集

  • 全編3D化
  • 全カットフルグレーディング
  • オープニング作画変更
  • タイトルロゴデザイン変更

キャッチコピー 編集

  • それは、観る人を電脳化する3D。
  • その問題を、解決してはならない。

小説版 編集

3D劇場版公開に合わせ神山健治監督自らノベライズ。

リリース 編集

2006年版 DVD 編集

2011年版 DVD・BD 編集

セルソフト化では2D版なども同梱されるため『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY -ANOTHER DIMENSION-』と改題。

受賞歴 編集

第12回アニメーション神戸賞作品賞・パッケージ部門受賞作品。

その他 編集

劇中に日産自動車コンセプトカーインフィニティ クラーザ コンセプト」、「スポーツコンセプト」が登場している[15]

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。