FANDOM


公安9課(こうあんきゅうか)は、『攻殻機動隊』に登場する架空情報機関。俗称は「攻殻機動隊」。課員や政府・軍部・警察関係者からは、「9課」、「攻機」とも呼ばれる。

概要 編集

核戦争における行政再編で、2029年内務省公安部内に設置された内閣総理大臣直轄の防諜機関。設立時における予算申請の名目が国際救助隊であったことからも、秘密組織である。その実は、実力部隊を持ち、異常犯罪やサイバー犯罪などの国民に与える影響の大きな犯罪の捜査、テロリズムの抑止・検挙、暗殺などのカウンターテロと、それに伴う警備又は要人警護も担当、と総合的な防諜機関といえる。

特徴としては、構成員全員が、軍事的な作戦に参加できるほどのスキルを持っているということ。たとえばCIAでは、情報を分析する者と、情報収集や工作を行う者とは別だが、9課の場合、両方を高レベルで行える人材が多い。だからこそ、少数編成で課が成り立っている。また、創設者で課長の荒巻の信念である「犯罪に対して常に攻性であること」はそのまま9課の特色になっており、犯罪の芽を見つけ出し、摘んでゆく。社会正義を実現するためには武力をもってこれを成し遂げることも辞さない、まさに攻性色の強い組織である。本部は新浜県新浜市に置かれている。

イギリス陸軍の特殊部隊SAS[1]とも交流があり、原作漫画では荒巻の命令で草薙素子がSASの訓練に参加している。

草薙素子失踪後 編集

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』(以下S.S.S.)では9課の中核を担ってきた草薙素子が失踪しており、組織運営のあり方も、荒巻課長の方針も大幅に変化している。以前は少数精鋭部隊であった9課も、新しい人材を多く登用し、トグサが新しいリーダーとなっている。「10の力で1つの事件を解決するのでなく、8割の力で3つの事件を解決できる」組織作りを進めており、トグサをリーダーに抜擢したのもその一環である。以前は少人数で行っていた9課独特の制圧も、通常の特殊部隊のように重武装の課員を動員し大勢で行なっている。

構成 編集

この時代の犯罪の特徴である情報戦・電脳戦に精通しており、物理的な戦闘においても優れた能力を発揮する少数精鋭のスペシャリストで構成される。犯罪に対し常に攻性であり続けるため、メンバーは引抜きや推薦で採用され自薦は不可、階級無しの実力主義、組織のトップは首相のみとなっている。

課員にはの携行や犯人の逮捕などが認められている。犯罪者や一般人には便宜上「警察官」と名乗ったり、「民間の警備会社に勤務」していると説明している。攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(以下S.A.C.)第5話では突入の際、居合わせた新浜県警察の刑事に対して「公安だ」と名乗っている。

課員が個人で火器を隠匿したり、セーフハウス(隠れ家)を持っているなど、給与の高さが伺える。『S.A.C.シリーズ』におけるイシカワの電脳パチンコ店のように、副業をもつ隊員もいる。

なお、荒巻以外の課員の名はあくまでコードネームであり、本名は秘匿されている。

主な課員 編集

人物名 声優 備考
荒巻大輔 阪脩(S.A.C.シリーズ)
大木民夫(劇場版2作品)
伊藤惣一プレイステーション用ゲーム)
9課部長(9課設立以前は公安部に属していた為)。S.A.C.シリーズでは課長
草薙素子 田中敦子
鶴ひろみ(プレイステーション用ゲーム)
実働部隊隊長。世界屈指の義体使いにして特A級のハッカー 。通称は「少佐
バトー 大塚明夫
小川真司(プレイステーション用ゲーム)
元レンジャー。白兵・電脳戦のプロ。草薙の相棒的存在
トグサ 山寺宏一
鈴置洋孝(プレイステーション用ゲーム)
元本庁所属の刑事で捜査能力に長ける。『SSS』で新リーダーに抜擢
イシカワ 仲野裕
小林清志(プレイステーション用ゲーム)
古参メンバー。主に電脳戦・捜査を担当
サイトー 大川透 元傭兵。凄腕の狙撃手
ボーマ 山口太郎 経歴不明。爆発物のプロ。イシカワと組んでの電脳戦、パズとの別動隊的行動などを担当
パズ 小野塚貴志 経歴不明。ナイフの名手。主にボーマと組んでの聞き込み・張り込みを担当
アズマ 尾形雅宏
寺杣昌紀イノセンス
『1.5』『S.A.C.2nd』にて登場。バトーが推薦した新人。強化された嗅覚・視覚を用いた捜査を担当
矢野 望月健一 『攻殻1』『S.A.C.2nd』にて登場。バトーが推薦した新人だが物語半ばで殉職
プロト 杉山大 『1.5』『S.A.C.2nd』バイオロイドのプロトタイプ。フチコマ(タチコマ)の整備や荒巻の補佐役を担当
コガ 平田広明 『イノセンス』のみ登場
QWER 『1.5』に登場。眼鏡をかけた妙年の女性
真由美 『攻殻1』『1.5』に登場。9課装備班に所属

装備 編集

政府より多額の予算が承認されており、会議・捜査・検証用の本部施設、内偵用の車両(偽装バンなど)から、銃火器[2]ヘリコプターティルトローター機光学迷彩[3]さらには、AIの搭載により自ら思考・会話することもできる多脚思考戦車(シンク)「フチコマ[4]、その運搬のための車輌まで軍隊並みの装備が与えられている。9課の制式拳銃はセブロ社[5]製M-5であるが、バトーはファブリックナショナル社製ブローニング・ハイパワー.45口径モデル、トグサはマテバM2007をそれぞれを使用している。

関連組織 編集

劇中では他に、公安1課、自衛軍のレンジャー4課、外務省直属の公安6課(外事6課とも)、厚生労働省直属の麻薬取締強制介入班(マトリ)、海上自衛軍の海坊主、海上保安庁特殊警備隊(SST)[6]など、行政省庁直属の特殊部隊が複数存在している。

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ
  1. 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX第17話「未完成ラブロマンスの真相 ANGELS' SHARE」では世界初の義体化部隊とされている。
  2. 拳銃,自動小銃対物ライフル、対戦車兵器他
  3. レンジャー4課と公安6課、9課の光学迷彩は「全天候型2902熱光学迷彩服」を使っている。
  4. TVアニメ版では「タチコマ」及び「ウチコマ」
  5. 架空の会社であり、アップルシードドミニオン等他の士郎正宗作品でもこの会社の銃器が登場する。創業は西暦2024年。
  6. SSTは実在の組織だが、劇中で行ったような内偵・潜入工作などの任務は通常行わない

関連項目 編集

fr:Section 9

zh:公安九課

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。